アロマテラピー検定試験の程度と内容|アロマテラピー検定試験ガイド


アロマテラピー検定試験の程度と内容:アロマテラピー検定試験ガイド


アロマテラピー検定試験の程度と内容
[アロマテラピー検定2級]

アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識を問います。
アロマテラピー2級の試験範囲は、アロマテラピーに関する以下の事項です。

 ・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
 ・アロマテラピー利用法
 ・安全のための注意
 ・精油のプロフィール(対象10種類) 具体的な精油は下にあります。
 ・精油の基礎知識
 ・アロマテラピーの歴史 など

試験は4択、出題数は50問です。
[アロマテラピー検定1級]

アロマテラピーを家族や周囲の人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識を問います。
アロマテラピー1級の試験範囲は、アロマテラピーに関する以下の事項です。

 ・香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
 ・アロマテラピー利用法と基材
 ・精油のプロフィール(対象20種類) 具体的な精油は下にあります。
 ・精油が働くしくみ
 ・ストレスや疲労に負けない健康学
 ・アロマテラピーに関係する法律 など


試験は4択、出題数は60問です。


アロマテラピー検定で出題される精油の種類
[アロマテラピー検定2級の精油]
以下の10種類です。

イランイラン
オレンジ・スイート
ジュニパー
ゼラニウム
ティートリー
ペパーミント
ユーカリ
ラベンダー
レモン
ローズマリー
[アロマテラピー検定1級の精油]
2級の精油に加え以下の10種です。

カモミール・ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
サンダルウッド
スイートマージョラム
ネロリ
フランキンセンス
ベルガモット
レモングラス
ローズオットー
※ネロリ、ローズオットーは香りのテスト対象外です。

精油名をクリックしていただくとそれぞれの精油の特徴、アロマテラピー検定からみた精油のポイントなどをみることができます。

次ページで具体的にアロマテラピー検定の申し込みから受検までの流れを紹介します。
『アロマテラピー検定の申し込みから受検までの流れ』


アロマテラピー検定試験ガイドのトップページにもどる
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO