ラベンダーの精油|アロマテラピー検定試験ガイド


ラベンダー(Lavender)の精油(エッセンシャルオイル)


ラベンダーはアロマテラピー検定2級・1級対象の精油です。

アロマのラベンダーラベンダー(Lavender)の精油のプロフィール
項目 特徴
学名 Lavandula angustifoli/ Lavandula officinalis
おもな成分 酢酸リナロル、リナロール
科名 シソ科
抽出部位 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
心に対する働き ストレスによる緊張や不安をやわらげ、リラックスさせ、自律神経のバランスをとります。眠れないときなどに役立ちます。
体に対する働き 鎮静作用があるので、皮膚の炎症やかゆみをやわらげます。
またやけどなどの痛みを軽くし、皮膚の修復を助ける働きもあります。
消毒、殺菌、抗ウイルス作用、筋肉痛、さまざまな感染症にも有用です。
血圧を下げ、呼吸を整えます。
呼吸器系に働きかけ、ぜんそくや風邪などの症状をやわらげます。
肌に対する働き 細胞の成長を促進させ、皮脂の分泌を調整します。
髪の手入れ(ふけや抜け毛)にも効果があるようです。
ラベンダーはアロマテラピーでもっとも人気のあるオイルで、もっとも幅広く使われています。
安全性が高く、子どもから大人まで安心して使うことができ、アロマテラピーの万能薬ともいえます。
原産はヨーロッパのアルプス地方にある高原地帯です。
ラベンダーという名前は、ラテン語で「洗う」という意味のlavare(ラワーレ)から由来していて、ローマ時代に入浴用に使われていたところからきているようです。
☆アロマテラピー検定からみた「ラベンダー」の精油のポイント
・科名 シソ科
・抽出部位 葉と花
・学名は「洗う」「青みがかった」などの意味がある。
・原産はヨーロッパのアルプス地方にある高原地帯である。
・鎮静作用に優れていて、心に対してはリラックス作用があり、身体には皮膚の炎症などに用いられる。
・非常に多くの作用を持ち、もっとも幅広く使われている精油である。


精油(エッセンシャルオイル)のプロフィールのトップページにもどる
アロマテラピー検定試験ガイドのトップページにもどる
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO