ローズオットーの精油|アロマテラピー検定試験ガイド


ローズオットーの精油(エッセンシャルオイル)


ローズオットーはアロマテラピー検定1級対象の精油です。

アロマのローズオットーローズオットー(Rose otto)の精油のプロフィール
項目 特徴
学名 Rosa damascena
おもな成分 シトロネロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコール、ネオール酢酸ゲラニル
科名 バラ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
心に対する働き ストレスや緊張をやわらげ、抑うつや自己嫌悪、孤独感、嫉妬、憎しみなどマイナスの感情を深くいやしてくれます。
また、心を明るくさせ、自分を肯定する気持ちにさせてくれます。
体に対する働き 子宮の機能を向上させるので、女性の生殖器に働きかけ、更年期障害や月経前の不快な症状や月経痛をやわらげます。
また、不妊の補助的な療法として使われることがあるようです。
胃腸炎や胃潰瘍などの消化器系のトラブルにも有用です。
肌に対する働き すべての肌質に向いていて、特に乾燥肌や敏感肌、老化肌に有用です。
きめを整え、はりをもたせ、炎症なども鎮めてくれます。
注意事項 ※低濃度、または少量から使用するとよいでしょう。
ローズオットーは「香りの女王」と呼ばれていて、古くから愛されてきました。女王の名前のとおり、女性的な領域において作用します。
バラは、日が高くなるにしたがって花弁の中の精油が揮発してしまうので、早朝からバラの花弁の摘み取り作業を始めます。バラが70〜80本でわずか1滴のオイルしかとれず、とても高価な精油として知られています。
ローズオットーは、水蒸気蒸留法でダマスクローズ(Rosa damascena)から抽出されるもので、ローズアブソリュートは、溶剤抽出法でキャベッジローズ(Rosa centifolia)から抽出されるものです。
スキンケアで使用する場合は、アブソリュートは溶剤の残留に注意して、ローズオットーを用いる場合が多いようです。
ローズオットーは気温が10度ぐらいまで下がると固まることがあります。その時は手でビンを握ってあたためてやると液状にもどります。この精油は劣化しにくく長期間品質が安定しています。
☆アロマテラピー検定からみた「ローズオットー」の精油のポイン
・科名  バラ科
・抽出部位 花
・抽出方法 水蒸気蒸留法
・低温で固まる性質がある。
・原料になるバラはローズアブソリュートと違う。
(ローズオットーはダマスクローズ、ローズアブソリュートはキャべジローズの花です。)

精油(エッセンシャルオイル)のプロフィールのトップページにもどる
アロマテラピー検定試験ガイドのトップページにもどる
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO