アロマテラピー検定で出題される精油の種類|アロマテラピー検定試験ガイド


アロマテラピー検定で出題される精油の種類


アロマテラピー検定試験は選択解答式(4択)です。最初に香りのテストの問題が出ます。ローズオットーは1級対象の精油ですが、香りのテストには出題されません。
精油名をクリックしていただくとそれぞれの精油の特徴、アロマテラピー検定からみた精油のポイントなどをみることができます。

アロマテラピー検定で出題される精油の種類
[アロマテラピー検定2級の精油]
以下の10種類です。

イランイラン
オレンジ・スイート
ジュニパーベリー
ゼラニウム
ティートリー
ペパーミント
ユーカリ
ラベンダー
レモン
ローズマリー
[アロマテラピー検定1級の精油]
2級の精油に加え以下の20種です。

カモミール・ジャーマン
カモミール・ローマン
クラリセージ
グレープフルーツ
サイプレス
サンダルウッド(白檀)
ジャスミン
スイートマージョラム
ネロリ
パチュリ
ブラックペッパー
フランキンセンス
ベチバー
ベルガモット
ベンゾイン(安息香)
ミルラ
メリッサ(レモンバーム)
レモングラス
ローズアブソリュート
ローズオットー

次ページでアロマテラピー検定2級・1級対象の精油「イランイラン」の紹介をします。
『イランイランの精油のプロフィール』


アロマテラピー検定試験ガイドのトップページにもどる
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO