カモミール・ローマンの精油|アロマテラピー検定試験ガイド


カモミール・ローマンの精油(エッセンシャルオイル)


カモミール・ローマンはアロマテラピー検定1級対象の精油です。

ローマン・カモミール カモミール・ローマン(Roman Chamomile)の精油のプロフィール
項目 特徴
学名 Anthemis nobilis
おもな成分 アンゲリカ酸エステル、カマズレン
科名 キク科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
心に対する働き 鎮静作用があるので、不安、緊張、怒りなどをやわらげ、心を穏やかにします。眠れないときも安らかな眠りへ導きます。
体に対する働き ストレスによる神経の緊張が原因となって起こる肩こりや腰痛や、胃炎、消化不良、便秘などの症状をやわらげます。
女性の生殖機能のバランスを調整する働きがあり、月経不順や月経痛や月経前症候群など女性特有のさまざまな症状をやわらげます。
肌に対する働き 抗炎症作用があるので皮膚の炎症、やけど、湿疹、ニキビ、敏感肌、アトピー、などの肌のトラブル全般に有用です。
カモミールという名前は「地面のリンゴ」という意味のギリシャ語からきています。
これはカモミールの甘い香りが、熟れて落ちたリンゴににているからだそうです。
特に地中海地方で2000年以上もの間、民間療法に使われてきました。
カモミールには、アズレン(カマズレン)という抗炎症作用を持つ物質が含まれているので、、あらゆる痛みや炎症に有用で、化粧品にも使われています。
カモミール・ローマンは薄い黄色いオイルでカモミール・ジャーマンは濃い青色のオイルです。
抗炎症作用:痛みや炎症を抑える作用のことです
☆アロマテラピー検定からみた「カモミール・ローマン」の精油のポイント

・科名 キク科 ・抽出部位 花
・多年草 (カモミール・ジャーマンは1年草)
・りんごを思わせるような香り
・オイルの色は薄い黄色 (カモミール・ジャーマンは濃い青色)
※カモミール・ジャーマンと比較して覚えておくとよいと思います。

精油(エッセンシャルオイル)のプロフィールのトップページにもどる
アロマテラピー検定試験ガイドのトップページにもどる
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO