アロマテラピー検定の申し込みから受検までの流れ|アロマテラピー検定試験ガイド


アロマテラピー検定の申し込みから受検までの流れ

アロマテラピー検定の申し込みの仕方から受験当日、さらにその後の流れをお知らせします。


アロマテラピー検定の申し込みから受検するまでの流れ
受検要項(願書)の送付の依頼をする
まず、アロマテラピー検定の受検要項(願書)を社団法人日本アロマ環境協会の資料請求ページから依頼します。
社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)のHP アロマテラピー検定について
※インターネットからでも申し込みができるようになりました。
受験の申し込みをする(受験料を払う)
インターネットによる申し込みと郵便振替による申し込みがあります。
・郵便振替による申し込み方法
受験要項(願書)に同封されている払込取扱票(郵便局専用)に名前などの必要事項を記入して検定料を振込みます。
この払込取扱票で振込と検定試験の願書が同時にできます。
1級、2級は同じ日に受験できます。
※「払込取扱票」は記入漏れがある場合は、受理されないのでご注意ください。
※「受領証」は受験票が届くまで大切に保管してください。
※受験料を払い込んだ後のお申込み内容の変更、取り消し、受験料の返金および次回への振替はできません。
※各級別々に申し込こんだ場合は別の会場になる場合がありますのでご注意ください。

・インターネットによる申し込み方法
社団法人日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定受験申し込みのページをご覧ください。 ⇒インターネットによる申し込み
受験票が届く
試験実施日のおよそ2週間前に「受験票」が送られてきます。その後、受験票が郵送されてきます。
受験当日
試験日には、受験票、筆記用具(鉛筆・消しゴム)が必要です。
合否通知が届く
受験から1ヶ月後ぐらいに合否通知が届きます。 合格した方には認定証が届きます。
その後
社団法人日本アロマ環境協会に入会し、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講し、 登録手続きをとるとロマテラピーアドバイザーに認定されます。
さらにアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格の取得につなげることができます。

次ページでは私が実際にアロマテラピー検定を受けた体験を紹介します。
『アロマテラピー検定受験体験談』


アロマテラピー検定試験ガイドのトップページにもどる
AX
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO