メリッサ(レモンバーム)の精油|アロマテラピー検定試験ガイド


メリッサ(レモンバーム)の精油(エッセンシャルオイル)


メリッサ(レモンバーム)はアロマテラピー検定1級対象の精油です。

メリッサ(Melissa)の精油のプロフィール
項目 特徴
学名 Melissa officinalis 
おもな成分 リナロール、ゲラニオール、シトラール、シトロネラール
科名 シソ科
抽出部位 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
メリッサ(レモンバーム)はレモンのようなフレッシュな香りがあるため、別名「レモンバーム」といわれます。
メリッサは、神経の極度の緊張やショック、パニックなどの精神的な混乱のときに、興奮を鎮め、落ち着きを取り戻します。
また、心をほぐし、明るくさせてくれる働きもあります。 抗アレルギー作用があるので、花粉症やぜんそくなどのアレルギー症状を落ち着かせます。 湿疹やかゆみなどもやわらげ、呼吸器系のトラブルにも役立ちます。
メリッサはヨーロッパではよく見かける植物ですが、精油分の含有量が極めて少なく、1kgのエッセンシャルオイル(精油)を得るのに7トンもの開花したメリッサが必要といわれています。 このため、数あるエッセンシャルオイル(精油)の中でも、最も高価なものとなっています。
注意事項 ※敏感な肌を刺激する場合がありますので、低濃度は1%以下からはじめてください。

精油(エッセンシャルオイル)のプロフィールのトップページにもどる
アロマテラピー検定試験ガイドのトップページにもどる
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO